kazanが台湾で聖人・君子と崇められるための術が凝縮されている

中国人

「やさしい」へのコメント・聖人君子になる術を教えてくれた/7月4日虎ノ門ニュ-ス

今日、木曜日は有本・石兵の両氏

今日の二人への期待は、当然ながら、今週来続く日替わりでの各出演者が論じ、コメントする「対韓経済制裁」関連ニュースでしたが、内容は今更新しいことは一切ありません。

それよりも、驚いたのは、日本語や日本人の「やさしい」に関する、中国語との比較を切り口にしたものです。  つまり「小うるさく」言わせていただくと「比較文化」のジャンルでしょう。

 

kazanのブログも、今や五割の内容や切り口が、愛して止まない中国や、その文化の中継地であった朝鮮半島関連ですが、今日の解説者・石兵氏の切り口が、過去のkazanの切り口と重なったような印象で、視聴後、自身の過去ブログチェックでニンマリできました。

 

おかげで、起床後の朝食兼昼食、つまりブランチのコーヒーは、ローカルブランドのインスタントながら、格別の味です。。

 

石兵氏が取り上げた中国語に無い、日本語の「やさしい」という語彙のニュアンス

 

石兵氏が、過去の体験と辞書から紹介した日本語「やさしい」に該当する中国の語彙が以下のものですが、そこにドンピシャの語彙は見当たらないと言います。

 

 

「優美」「柔和」「優雅」「和善」「温和」「温順」「温柔」「善良」「懇切」「慈祥」「温情」

つまり、日本語の「やさしい」に該当する語彙の不在は、そもままその概念が無いということだろう。

その検証というか、根拠を、若い日の石兵氏の体験から紹介してます。

 

石兵氏の体験概要

日本に留学していた同郷の中国人女性が、自分の恋人がどんな人なのかを、同郷の言葉で紹介、語る時は当然ながら、すべて、同郷の言葉、中国語で話します。 

 

その時に、日本語の「やさしい」を表現、標記を試みた時、日本に生活した体験から習得した「やさしい」のニュアンスを置き換える術がなかったことで、同郷の中国人女性は日本語で「やさしい」を選択して使用し、言ったという体験を紹介してます。

つまり

「△#◯☆◯<やさいい>%△□#?#」という内容の表現で、語ったということです。

比較文化論の展開

日本語に置き換えたと言う理由、あるいは根拠は、日本語では極めてシンプルで、一般的に、幼児以上であれば使用されている言葉と表現の概念、感覚、観念が無いとことの証明というのは説得力があります。

 

まして石兵氏は、神戸大学で哲学を専攻した方ですから、語彙や概念、感覚には、並の日本人以上に鋭利で敏感ん感性と知識があると見ればなおさらです。

列挙した言葉が二つか三つ並べられたら、中国ではとてもいい人、聖人君子で尊敬される人になり、これは孔子レベルになると石兵氏は言います。

kazanが台湾で聖人・君子と崇められるための術が凝縮されているではないか\(^o^)/

これで今日からkazanも聖人・君子

今日から、スマホの音声翻訳ソフトの結果を台湾人に見せる時、同時に上段の「やさしい」の中国語の語彙を四点か五点を画像にし、それを画像フォルダーのトップに常に表示されるように設定し、その記事をfacebookの日台友好関連のグループに積極的に投稿して<いいね!>を獲得することはかなり容易です。

それをアチラコチラで見せ回り、拡散を繰り返す。

kazanが帰国した後は、この地に「kazan廟」が建てられるのも夢では無いような気がしてくるから不思議です←かなりホンキ

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!・孔子レベル

kazanの持論です

孔子は中国で生まれたから孔子様。日本で生まれていれば、ただの人。

 

2016/12/153年前)に投稿した記事がありました。

https://odoaba.com/katsukazan/20161215174104?preview_id=21&preview_nonce=28fc664dd4&_thumbnail_id=5565&preview=true

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました