バイオリニスト・寺井尚子との遭遇はYoutubeのリベルタンゴ

デジタル生活

バイオリニスト・寺井尚子に魅了された

リベルタンゴ

リベルタンゴはその昔、逝ったマダムkazanの残したCDに収まっていた曲で、演奏はヨーマーマです。

当時も、チェロのリベルタンゴは良いと思いました。

アルバムは Sony の 「BEST of image」

 

これが、PCがダウンした時、タブレットで開いたYoutubeで視聴したのが、寺井尚子のリベルタンゴです。

しびれました。

官能的で、昇りつめる息遣いが見えてきます。

これで、完全にダウンです。

kazanは美人にめっぽうヨワイ、いうなれば「寅さん」タイプの人間でした。

寺井尚子 libertango リベルタンゴ Naoko Terai
2003年に行われたEXPO MUSIC PARK 2003での寺井尚子さんのリベルタンゴです。 私はこれをみて一気に寺井尚子さんにハマりました。 余談ですが、ピアニストの方が熱が入ると、水木しげるのマンガに出てくるサラリーマンばりの出っ歯になりますw

 

戻ってきたPCからSONYのMusic Centerが消えて。。

修理から戻ったPCには従来使っていたソフト・SONYのMusic Centerが消えていました。

さらに、修理時にOS再インストの時は、画像と音楽のデーターファイル保存を依頼していたはずなのに。。。

そんなショックで、巡り合ったのが音楽アプリのSpotifyです。

中には、シッカリ寺井尚子のアルバムが収まっています。

そうなると、まずは、音楽ライフは、このアプリとJazzネットラジオの

jazzradio.com の無料サービスで十分でではと。。

 

どこかにあるかも知れない音楽データと画像データーは、いずれゆっくりとということで、気に入っております。

 

SNS投稿したら

すっかりハマりってご機嫌で単純なトンボオジジのkazan、SNS投稿したら、facebookの友達からコメントがついて、以来ハイになります。

この方は、有料のSpottifyとのことで、60年〜80年台のポップスをも、お聴きになっているとのこと。

私も 聴いてます。今は、980円要りますが、先が短いと思いますので、60年〜80年台のポップスを聴いてます。 T.Jさん

 

「先が短いと思います」、なにをおっしゃいますかTさん、ご同輩ではありませんか。

60年〜80年台のポップスもガンガンお聴きになっていれば、コスパは最高ではないですか。

まして有料コースはハイレゾ環境ですから羨ましい限りです。

 

kazanの場合、アプリ使用料のチャージはドル建てですのですので、間もなく円高モード突入になったら、有料を検討しようと思っています。

修理経緯

5月中旬に一月前に修理したはずのPCがクラッシュ。

前回は、マイクロソフト日本のサポートさんから、延々と2時間以上に渡るチャットサポートでは、kazan拙い質問や理解不足に恐らく忍耐の限度を超えたのではと恐縮するほど、懇切丁寧な対応で到達した結論は、原因が不明。

アドバイスに従い、少々ゴッツイ、タワー型の自作PCをプロの修理屋さんに持ち込み修理して快適に状態になったはずのPCが、ネット接続が出来な状態になり、再度、同じ修理屋さんのお世話になたのでした。。

が、原因が不明、よってOSの再インストールとの修理屋さんからの宣告に逆らうすべもありあません。

 

こんな時が、少しは台湾語ー中国を学習していればと悔いるシーンです。

 

データファイルをメインドライブのSSD(C:)では容量不足になるはず、サブドライブ(E:)

に音楽ファイルと画像ファイルの保存を依頼したのだが、話が通うじていなかった。

これが、海外に住んでいる時の感じる、最大級の不便で敗北感を味合う時です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました