サウジ原油生産能力の50%を破壊した無人攻撃機

中東

日本のニュースは、サウジの油田が無人攻撃機で破壊されたことを報道

昨夜のテレビに映し出された画像には、ドローンにはまったくことなる、無人飛行機が編隊を組んでいくのが写っていた。

なんか、戦争の、従来のイメージを一変させる様なメッセージが詰まっていることを考えさせる。

イエメンの反政府組織の犯行声明

犯行声明と言う言葉で、テロのようない規模の犯罪を連想しがちですが、これは間違いでしょう。

わずか10機あまりの無人攻撃機で、世界最大の産油国の経済と財政の基盤である原油生産の半分を破壊した。

つまり、日本共産党の赤旗が、F35一機を116億円といいます。 今回に攻撃はこうした最新鋭の攻撃機で破壊されたということでは無く、おそらく、その一千分の一以下の、古典的な兵器で、中東の大国の経済、生産の能力の50%を破壊したことの教訓は大きいはずです。

つまり、これは、局地戦とか、ゲリラ戦、あるいは一地域の紛争ではなく、完全な破壊力、驚異的な打撃力を見せつけてた戦術以上の、むしろ、当事者にとっては、戦略的ともいえる軍事的、安全保障上のリスクだと言えます。

どこかの国が、これに似たようなことをしかけることは容易だということ

外国勢力が、人知れずに我が国の領土領海に侵入した事件は過去から珍しいことではありません。

多くの日本人が拉致されて、未だにその救出もできずに半世紀近い時間が経過しました。

数年前より、日本海沿岸には、漂着船と呼ばれる不審船の漂着がおびただしいほど報告されています。

その中には、保護と言うな名目で管理保護下に置かれ、相関された漂着者のほか、未確認ながら、日本国内に紛れ込んだ漂着者を装うった工作員が複数いたとしても不思議ではありません。

かって、拉致を手立てした、日本人協力者の存在は、ネット空間では常識になっており、否定するのいつも面々といつもの団体や勢力、 #日本の一部の新聞 #日本の一部のTV 位のものです。

かれらの協力や、土台人・トデインの存在が、そうした漂着を装うった到着以降の日本国内潜入を容易にしている現実は否定できません。

国は違いますが、2008年4月26日には長野で異常な事態が発生し、福田康夫内閣は、犯罪容疑者の逮捕拘束を禁じた例がありましたが。

日本に居住するある国の国民が組織され、動員され、どこで手に入れたのか不思議になるくらい多数のある国の巨大で統一された国旗の示威行動を見せつけられ、日本の日本の通信社、警察はその詳細の発表控えました。

こんな環境なら

以上のような日本の環境で、ある国や、とある国が、治外法権的権利を行使して、秘密裏に、古典的な破壊兵器を所持していても不思議ではありません。

情報化時代で、理系学卒の知識で、原爆の製造をも容易だという話は有名です。

ホリエモンが挑戦するロケットは、特殊な部品は皆無でないとしても、多くは秋葉原やアマゾンで調達可能な時代です。

陸上イージスの設置に反対する勢力の中に、協力者が居ないという確証はありません。

現に、拉致被害者のご家族が、近所のスーパーで買い物をしている時に、同じ店内で、拉致協力者が何食わぬ顔で、同様に買い物しているという日常が現実にあるという不条理を訴えたブログをみたのも、最近のことではありません。

日本人としての正体不明な日本人がいて、土台人・トデインがいて、工作員が潜んでいる環境で、サウジで発生した規模の破壊活動は、プロともなれば、容易に実行に移せるはずです。

あえて言わないが

すでに日本の安全保障は危険な領域にあるかも知れません。

日常的な、半島の国の核ミサイル。

北と、西の領土は奪わわれ、南に領土には大きな力が忍び寄り、その街には異国の政治党派の街宣車が白昼、抑圧され、差別されているらしいその地域の解放支援を街宣する奇怪な風景が日常化しています。

沖縄は何処に行くのか?
反基地ヒーロー報道の異常 沖縄メディア「弱者の味方になるのが公正な報道」沖縄の偏向2紙ー琉球新報、沖縄タイムスは、今や日本の良識派からは相手にされないメディア。なのに、他のメディアが参入できない独占的な風土が形成されている。 — katsu

 

◇画像について◇

かなり以前の動画ですので既に削除されたかと思っていましたが未だに視聴可能ですから、この中国共産党友の会というのは、かなりの強心臓で厚顔のような印象です。

まるで、領海侵犯事案で出動した海保の巡視船に当該国籍不明の領海侵犯漁船が意図的に衝突してくる過去の事例を思い出しましが、根底にあるものが同じ用に見えます。

ちなみにこの画像と、関連の画像はオタカラとして、コピーをして、別サーバに保存中ですので、Z団のサーバーアタックには十分対処済、絶対に証拠は消さっせません。

 

政府の補助金が、正体不明な運動の資金に流れ、いつかは、破壊活動の資金ソースにもなり

ねないリスクを、政府は知ってか知らずしてか、学術振興と研究、教育補助という名目で、例年予算化かされて支給されていきます。

肝心の国防の現場では、トイレ紙も自前というような話は、未だに改善されていないはずです。

関連リンク集

https://odoaba.com/katsukazan/?s=%E5%9C%9F%E5%8F%B0%E4%BA%BA

 

長野聖火リレーで妨害行為
【4月26日 AFP】(一部更新、写真追加)長野市で26日、北京五輪聖火リレーの最中に、走者に複数の物が投げつけられる妨害行為が起きた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました