新唐人TV・漢名表記「新唐人電視台」★直球ド真ん中のニュース動画を配信したことのご紹介

武漢ウィルス

司法の世界では「推定無罪」だが武漢ウィルスの発症から対応に関する中国の行動は「推定有罪」

この動画は中国当局の工作、五毛党のチクリには耐性認証が検証されている新紀元=新唐人電視台・NIDだから魚拓代わりのダウンロード作業する必要もないことが嬉しい。

武漢ウィルスの発症に関連する疑惑と闇の起点

世界がこの中国の武漢ウィルスの発症に関連する疑惑と闇の起点が下のテキスト画像です。

実は、かなりの頻度で使うことで効率化の目的、テキストを画像化しました。

 

これを起点にすれば、次の疑問と闇が見えてきます。

 

 

1月24日に事態異変を知った

kazanの場合、偶然、月刊中国の鳴霞編集長の武漢ウィルス情報#1と遭遇し、関連情報を夢中で検索したのがはじまりです。

検索すれば、鳴霞氏の情報と重なりますが、ソース元が英国の夕刊タブロイド紙、米国の保守系紙媒体、インド医系の細菌学者の発信があって、その後削除されていたり、イスラエル情報機関の消息筋情報といった種類のオンパレードで、メジャー系は情報はほとんどスルー状態でした。

「新唐人電視台」が疑惑を喚起させる、直球ド真ん中のニュースを配信

これだけで、推定有罪になる国はあるはずです。

国連加盟国数は193カ国ですが、192.5カ国プラス台湾国がこの推定無罪情報を肯定、支持をするのは明白です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました