武漢ウィルス関連キーワードリストに「石正麗」 「石正麗 亡命 フランス」「武漢水生研究所」を追加

中国

「石正麗」 「石正麗 亡命 フランス」「武漢水生研究所」を今朝未明にkazanの武漢ウィルス関連キーワードリストに追加で、一層リストが充実する

石正麗がフランスに石正麗がフランスに亡命したニュースを鳴霞氏が5月1日の発信で紹介してました。
まるで、毎日が出来レースのような方向へ展開するのが見えて、それがまるで、安づくりのドラマ仕立てのような進行ですから、とても解かりやすく楽しみです。

 

中国武漢ウィルス 検索で使用したキーワード& キーフレーズ、hitした人名、団体キーワード 2020年1月24日~4月
3ヶ月間武漢ウィルスに関する情報を検索に使用したキーワードとキーフレーズを集めた。キワード、キーフレーズの集合から、武漢ウィルス問題の核心が見える。異変を知った時に最初想起した闇と謎の本質は、羅列した断片をつなぐと形になる。

石正麗

石 正麗(せき せいれい、シー・ジェンリー、1964年5月26日-)は、中華人民共和国の疫学者

研究テーマに、「SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスとコウモリの関係」があることは公開情報で検索可能です。

1987年7月に武漢大学生物系遺伝学科学士課程修了。1990年7月に中国科学院武漢ウイルス研究所を卒業し、修士号を取得しました。2000年5月フランスモンペリエ第2大学(英語版)にて博士の学位取得。1990年から中国科学院武漢ウイルス研究所研究実習員助手、1993年助研究員、1998年副研究員。2000年、研究員に就任

石 正麗 をWiki検索

 

コーモリの研究で「バットウーマン」との異名を持つ石 正麗の逃亡・亡命

ザックリ言えば、今回の武漢ウィルス菌で、発症が伝えれた当初から、大きな謎の部分として話題になり中国された(日本のメディアだけがするーした事項)のがウィルスの起源とその生成過程でした。

ネット空間では多くの外国発の情報が公開され、圧倒的な情報として注目されたのが、ウィルスの遺伝子構造に、「人工的操作が残っている」ことの指摘でした。

その渦中人が逃亡とも、亡命とも言われる手段で、本来なら、世界最高の研究環境で恵まれたポストと最高級の待遇、国家的栄誉を手中に収める気鋭の科学者がその祖国を離れる事の異常さを探れば、疑惑はやはりという構図になります。

 

公開されている資料によれば、中国科学院が武漢に持つウイルス研究所は中国で唯一のバイオセーフティーレベルP4の実験施設を有している。石正麗は当該実験施設の副主任であり、バイオセーフティーレベルP3の実験施設の主任だ。

東洋経済On Line 2020/02/12 5:10 

 

石正麗は、中国科学院の新興および劇症ウイルスとバイオセーフティーの重点実験施設の主任や武漢ウイルス研究所新興感染症研究センターの主任、河北省科学技術庁「2019新型肺炎救急科学技術難関攻略研究プロジェクト」救急難関攻略専門家グループのグループ長を務めている。

ファイブ・アイズ、武漢ウイルス研究所の石正麗氏らを調査中=報道

米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのファイブ・アイズの諜報機関の石正麗上級研究員の調査を開始下報道があったが、当然だだろう。

「「純粋な野生動物を伝統的手法で食べて、食中毒で下痢程度のリスクは、多少考えられます。しかし、何千年にわたり食べてきて、今いきなり、高熱、呼吸器障害でバタ、バタ死ぬようなことにはなルカク率はどれほどか?食べる人、作る人の本能がそれを一番良く知っている。

今回の災禍は天然の毒物の遺伝子を人工的に操作した結果だから、市場の野生動物を食べて無くても皆感染、パンデミックになった」

これは昨日kazanがSNSに投稿した一節です。

 

ファイブ・アイズ、武漢ウイルス研究所の石正麗氏らを調査中=... | 国際 - So-net
大紀元英豪メディアの報道によれば、英語圏の諜報ネットワーク「ファイブ・アイズ」は現在、中国の武漢ウイルス研究所(Wuhan Institute of Virology、WIV)の研究者2人、石正麗(Shi Zhengli)と周鵬(Zhou...

 

スルーする日本のオールドメディアに見る呪縛

スルーする日本メディアの哀れな姿をみていると。CCP国家という邪悪と不正の頂点に立つ権力に完全に工作されている構図は明らかです。

さらに、日本財界、大学、法曹界、政界、政権、そして中央官庁の財務省、外務省、旧内務省系文科省や厚労省はその典型のような存在で、構図の中核に位置すると目されています。

例えば、WHO。 そこには30人とも50人ともいわれる日本人職員、スタッフがはけんされて在籍していると聞ききます。

この中には、日本の帰属本省から有期で派遣された人も居て、しかるべきポストであるいは時実務スタッフとしてして少なからず核心的な情報を扱っていたはず。彼らからの現状の克明なレポートが本省に無かったのかどうかの確認検証は必須事項。

しかし、今の糞メディアは、こざかしいSNSで無責任な発信をしている。 その典型が先般の朝日新聞の小滝記者のtwitter問題。

っと仕事しろと言いたい。

 

持論のガラガラポン

半年後、あるいは一年か二年後、この疫病が収束した時の光景を最近、SNSで発信してます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました