中国

スポンサーリンク
中国

4ヶ月間気になっていた三本の動画をシェア投稿します

三本の動画は、将来にわたりyoutubeから削除されるりスクは無いはずです。あるとすれば、これから展開する世界規模の対立構造で、自由主義陣営がCCPの勢力下に隷属される時です。有りえません。シェアするコンテンツは、三本セットとしてシナジー的効果の発信力に変化する。
政治

今日4月28日の虎ノ門ニュースはマグカップで飲むエスプレッソ

百田尚樹、門田隆将の放つコメントがいつになく濃厚過ぎて。。 いつもなら、日本時間の6時から、文化放送・おはよう寺ちゃん、からニッポン放送・飯田浩司のCoz-upに移動して、8時から虎ノ門ニュースの視聴をするのが、最近までのweekdayの...
北朝鮮

半島の北の国、国家元首の「脳死」を伝えた新腹常一郎情報

半島の北の国の体制情報に関しての精度・確度は日本ではトップレベルの篠原常一郎情報 金正恩委員長の健康不安説は、直近では、フランスの医師団の訪朝診療で「脂肪吸引手術」が行われ、失敗してた結果、塞栓(そくせん)ができて脳に重い副作用が起きてい...
中国

今世界が皆、思うことを書名にした川添恵子著★覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる

この書名を現実として認識、共有できる人は圧倒的に多いはず 川添恵子著★覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる が発売されたのは、Amazonで見ると、2019年12月21日です。 中国ウォッチャーとしてのライターは...
アメリカ・米国

いま世界では「たら、れば」が重なり合い、中国への二つの見方が交差する

このまま、中国発の感染症に敗北、あるいは、克服して、世界覇権への道を突き進む 1月31日に、敗北する可能性を発信しました。その記事をfacebooページで見れば、「陳勝、呉広」の切り口は使っていませんが、その時が来る可能性に興奮しました。...
安倍晋三

改憲もできず、片肺のインテリジェンス環境の安倍政権

改憲もできず、片肺のインテリジェンス環境で中国発のCOVID19対策で、NSCは機能したのか?答えはノーだ! 断っておきますが、以下は、安倍政権へ大きな期待と信頼をおいてきた管理人の独り言です。 国連信仰と片肺同様のインテリジェ...
中国

これは書籍名です、「チャイナチ(CHINAZI)」副タイトルが崩れ行く独裁国家 中国

これはヘイトではありません。書籍名の表示ですから、念の為、但し書きです。向こう側の人は、ご留意を。。 作家・宮崎正弘氏の中国のリスクを書き続けるエネルギー それは、何よりも自身の目で頻繁に中国に足を運んでの取材があることは簡単に想像...
ニュース

昨日/台湾時間正午、NHKニュースの中曽根元総理の訃報報道の尋常ではないスタイルに驚く

中曽根元総理の訃報報道で、新聞なら見出し部分に該当する導入部分だけ、を5回以上繰り返した佐藤誠太アナ☆重大な報道だったのだ。。 このスタイルの報道手法は、災害等緊急避難報道ではお馴染みだが。。 NHKの佐藤誠太アナが深刻な表情で...
twitter

10月3日、twitterのタイムラインに並ぶ発信の記事の頻度で世間を知る

この2日、「ユダヤなんちゃら」の動画を堪能し過ぎ、twitterを開かなかったら、?アイコンの通知には120件以上のフォローさんのメッセージが並んで 初年時代の雑誌で見た、ネッシーとか、雪男、シーラカンスにワクワクしたようなトキメキと好奇...
アメリカ・米国

台湾の現実を知らない外務省

今朝の虎ノ門ニュースで外務省のチャイナ・スクール薄汚い実態が紹介されました 発端になったチャイナスク-ルの陰湿さが問題になる背景にあるのが台湾問題です。 よく「日本のシーレーン」というキーワードが話題になり、決り文句、決まりセルフの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました