朝鮮半島

スポンサーリンク
ニュース

英、軍事行動を閣議で議論 メイ首相、参加決定は議会承認求めず BBC報道

朝鮮半島の動乱の終結は、確実に日本が長年苦しんできた呪縛からの解放であり、多年の屈辱を一気に解消し、この地域の将来の禍根の多くを解消する最初で最後の機会だと考えます。株でも、選挙でも、まして「いくさ」は勝ち馬に乗らないのは、基本的に大馬鹿者ということです。それにしても、英国聖公会の司祭の娘だったテリーザ・メイ首相は強い。羨ましいほど強いと言う思いがしてなりません。
ニュース

三件の朝鮮半島の国の報道と論評から見えてくるもの・思わずほくそ笑む(^-^)

仮に大損しても、サイバーアタックで、仮想通貨とかに不正アクセスして、十分にカバー可能だ。さらに、技術のパクリ、麻薬類の製造、フェイクマネー、特飲接待業といった伝統的な産業基盤が出来上がっているから、2040年を待たずに中国と肩を並べる世界のナンバーワン、ツウーになることは必定だ。この時点で日本のメリットは、極東の二大強国による反日政策とディスカウントジャパン活動が終焉するから、あながち、日本にとっても悪い話では無いかも知れない。
twitter

独裁者のもとで、トカゲとか食って凌いでたのか。。・地上の楽園

朝鮮半島動乱後、日本に必要なのは、軍事的にも、経済的にも強大な反日国家ができることではありません。 世界でも有数の最貧国で、軍事的に弱体な半島国家の出現です。そしてその限りでは、その半島国家が、反日でも看過できるはずです。
twitter

日本海防衛新時代・沖縄振興予算を削る格好の口実にするか。。

運営形態は、最上階の日米中ロの戦争当事者の談合機能が収まり、その下に戦争に参加した国の軍政をコントロールするような組織がぶらさがるような可能性があります。つまり日米中ロの中に、仮に韓国が入ったとしても、それは形式上のことで、韓国は単に旧北朝鮮の民生窓口、旧北朝鮮をマンションに見立てた時の、日米中ロが運営するマンション管理会社から派遣される管理人位の役回りで十分でしょう。
アメリカ・米国

中国の解りやすい構図

韓国を取り込んだのは、そうした背景があってのことでもあり、現在、中国がすでに2005年に50年間の租借をえた、北朝鮮羅津港の権益を確保と、戦後の半島への影響力の行使、米国の影響力の削減が、おおきな課題になっており、その時のプレーヤーに一時の愛想を供しただけと見るべきでしょう。
twitter

「金正恩氏の友人になるよう努める」 トランプ米大統領がツイートの記事で(笑)

戦争が始まるまでのあと2ヶ月間くらい、金正恩twitterアカウントを取り、ダイレクトのtwitter応酬をするのも、前哨戦として、世界の耳目を集めるのではと提案したいものです(笑)両サイド報道官は、相手のダイレクトtwitterのハードコピーをプレスに公表して、臨場感を高める。
国際政治

「日本海で米空母3隻の演習開始」は近未来の日本の安全保障を変える

朝鮮半島の戦後処理会議で、羅津港の中国に権益に対して、ロシアが介入することは明白ですが、そのロシアに加えて、米国もその権益介入し実現可能になれば、日本の新たなコスト発生が見込まれる日本海防御ラインの維持コストは飛躍的に低減でき、仮に日本が中ロ米に続いて介入しその権益を確保できたら、これは(コスト的も)望外の外交の大勝利です。
katsukazan

戦争は簡単には起きない。ただ北朝鮮のミサイルが存在する限り米国は攻撃を放棄しない

一般に安全保障や軍事の卓越した識者は意外と冷静な発言を繰り返しております。そらは、開戦はしやすく、始まった戦争の終結はとても大きなエネルギーとコストを必要とすることを、その道の識者は知っているかでしょう。したがって、米国は行動をしないだけで、その行動の機会を、動物的な攻撃力を潜めて、伺っているとうのが正解かと思います。
katsukazan

読売紙・朝鮮半島有事、在韓邦人の退避は日米で分担

現在想定されている約6万以上と言われる邦人は、初動段階以前に、避難を希望することは十分に考えられますが、反日社会で、殺気立った環境下で70数時間は自己責任で、耐える必要があるということか?
katsukazan

対岸の「目くそ」と「鼻くそ」の論争(笑)

ついこの前まで、米国が北朝鮮に軍事行動を起こせば、中国はすかさず朝鮮半島へ軍事介入して、米軍と一戦を交えるべきと主張していた人民日報の国際版が、にわかに、心変わりをして、北朝鮮の地政学的位置に、戦略的資産価値を認めないというのですから、言われた、多年の連れ合いというか、中国に「おんぶにだっこ」してきた不肖の息子が切れたという構図です。
スポンサーリンク