武漢ウィルス

スポンサーリンク
facebook

テレワークで露呈した通信インフラの脆弱さ

中国を発症源とする武漢ウィルス・感染症拡大で社会の風景が一変した。 その一つが「テレワーク」で、その結果、ネット環境の最大リソースである通信インフラの脆弱さを露呈した。自由社会は現状の4Gに我慢をし、ファーウェイが主導する5Gを排除した6Gまで待たざるを得ないのか。
中国

4ヶ月間気になっていた三本の動画をシェア投稿します

三本の動画は、将来にわたりyoutubeから削除されるりスクは無いはずです。あるとすれば、これから展開する世界規模の対立構造で、自由主義陣営がCCPの勢力下に隷属される時です。有りえません。シェアするコンテンツは、三本セットとしてシナジー的効果の発信力に変化する。
アメリカ・米国

ミズリー州政府が中国武漢ウィルス被害を受け中共政府へ訴訟・訴状の表現は実に檄文

地震で、器具が破損し漏出したウィルスだとしても、歴史的に中華鍋以外に人類に貢献したものがない中国によるウィルスの研究自体が犯罪 現代社会で邪悪の頂点にいるCCP・中国共産党政府のウィルスの研究そのものが火遊びどころか、人類の基本的人権への...
政治

今日4月28日の虎ノ門ニュースはマグカップで飲むエスプレッソ

百田尚樹、門田隆将の放つコメントがいつになく濃厚過ぎて。。 いつもなら、日本時間の6時から、文化放送・おはよう寺ちゃん、からニッポン放送・飯田浩司のCoz-upに移動して、8時から虎ノ門ニュースの視聴をするのが、最近までのweekdayの...
武漢ウィルス

元大統領補佐官 ジョン・ボルトン氏のtweetをNTDが取り上げた

アイキャッチ、そしてページトップ画像は、近くの中央公園から北東を見た画像です。青空がきれいでしたのでシャッター押し。 最近ブログのトップページの表情が一連の話題で荒漠感が強く感じられましたので中和剤として挿入しました。 tweetの文面が...
未分類

始まった、対中国、武漢ウィルス損害訴訟

訴訟の動き米国で、英国で、そして他の国にも波及する。第1R の始まり 昨日gooブログに、英国・ジョンソン首相が、中国発武漢ウィルスに感染し症状の悪化で入院が伝えれられた。 とっさに同じ立憲君主国家の宰相が、この忌まわしいウィルスに感染し...
上念 司

日本の報道も発信し始めた★封鎖2か月の武漢、新規感染「ゼロ」

3月18日以降武漢で新規感染者「ゼロ」がネットに流れ、ユーザーはすぐにカンター投稿 音声:中国を信じチャ、ダメですヨ 音声:3分27秒 当然ですよね、こと、中国発武漢ウィルス情報は1月末以降完全にネット...
中国

今世界が皆、思うことを書名にした川添恵子著★覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる

この書名を現実として認識、共有できる人は圧倒的に多いはず 川添恵子著★覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる が発売されたのは、Amazonで見ると、2019年12月21日です。 中国ウォッチャーとしてのライターは...
ブログ

ここまで蔓延すれば、「金の切れ目」が無しでも、「中国離れ」の進行は必須とみる

一気に加速する、中国デカップリング包囲網 国連のもとに組織される国際機関は25組織、うち主要16の国連専門機関の4つをすでに中国代表が務めている中で、国連機関の世界知的所有権機関(WIPO)の次期事務局長選挙が3月4日行われ、米国や多くの...
一帯一路・OBOR

イタリアの北部三州で爆発的な感染が拡大も、欧州の「断中」意識が沸騰するトリガーになるかもしれない

中国発の武漢ウィルスによる疫病の世界的蔓延が、世界に中国デカプリングへの覚醒を促すトリガーになるなら、この災禍による学習効果と破壊力は極めて意義深い イタリアの北部三州で爆発的な感染が拡大 世界規模で蔓延が進行する中国・武漢発covid...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました