産経紙

スポンサーリンク
facebook

菅官房長官の「令和おじさん」ブームで政権にきしみ・あればそれはオカルトだ!

産経紙に記事をについてfacebookのグループのスレに投稿されたソースが表題で、その報道にに異論。菅官房長官の「令和おじさん」ブームで政権にきしみ、アホか!それが自民との実態なら、自民はまさにオカルト政党そのもの
facebook

産経紙・阿比留瑠比氏FB投稿に滲む感情は疲労感?倦怠感?危機感?

政権批判の急先鋒であるメディア、野党の終わり無きオフェンス、ノーサイドは見えてこない。 この10日くらいから、そば屋の話が一気に、大阪地検のリーク、防衛省の書類問題、財務省の改竄と事務次官のセクハラに変化、重なる波状攻撃、オフェンスの司令塔はどこなのだ?と言う思いとイラつきでストレスは募ります。 二行の投稿記事には、阿比留記者のため息が滲み出てかるように思えた人は多いだろうと想像します。
ニュース

英海軍が北東アジアに強襲揚陸艦「アルビオン」派遣

RoyalNavyのホームページが面白い。公式文書を読む限りでは、英国英語のほうが読みやすい。産経紙では強襲揚陸艦アルビオンンの紹介しか無かったが、海域訓練・演習には僚艦として対潜フリゲート艦HMS Sutherlandと演習海域を遊弋するとみられる。
ニュース

抑留の114人銃殺判決 旧ソ連、研究者が発表★歴史に一コマ・「共産主義の狂気」で風化させてたまるか(怒)

抑留され、シベリアの捕虜収容所に収容され、虜囚の酷寒の地で満足な食事も与えらあれず、強制重労働に課せられた事自体が明らかなジュネーブ条約違反だ。さらに、その抑留中に軍事法廷で銃殺判決を受け、114人日本人将兵の処刑を知ることになった産経紙の報道に、限りない怒りが沸騰する思いだ。
ニュース

「文春」VS「新潮」久しぶりにスクープ合戦・産経紙では読み切れない部分

何のことはない、いかにも週刊誌的な内容の「男と女」の話題なので、全国紙の朝刊紙としての品格を保持するための、コラム扱いであったと思うが、それでも、産経紙の限界で、記事を読んでも、リアルな輪郭が浮かんでこない。これはやはり、新聞記事下の広告や車内吊り広告を見れる環境に居ないkazanの大きなハンディキャップのようなもので、関連事項を検索して、ようやく全貌が見てきた。
ニュース

判断に苦しむ産経紙・マニラの「慰安婦像」、台座プレートが損壊の報道

判断に苦しむ産経紙・マニラの「慰安婦像」、台座プレートが損壊の報道に関して、しかし、この種の問題提起では、日本の保守・愛国者層のリーディング・オピニオン的存在である産経紙が、赤線部のような表現で報道される戸惑いを、どうすればいいのだろう。この表記の報道をすることで、産経紙は「品位」と、「公平」「理性」を発信したとすれば、産経紙には「報道をしない自由はないのか?」と言いたくなる。
ニュース

防衛省の内部資料が共産党にもれることの問題のほうがさらに重大

チマチマ、内部資料が共産党に流れる実態は問題であり、明らかに内部通報者がいると見るべきだろう。組織に足元に、その敵と内通できるチャンネルが存在するということは、極めて重大な問題で、こうした組織に自国の安全保障を託する恐怖を十分に検証するべきだ。
twitter

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の政治的な動き

ヒラマサ五輪・パラでの南北朝鮮の接近の背後で、大きな影響力を行使したのは、主張が指摘するバッハ会長だ。ひと月ほど以前には、バッハ会長や役員は、彼の地で、美女軍団の接待に沈んだという風聞すら流れたことには、さもありなんと思ったほどだ。実に、許しがたいことだ。
保守言論人

西部邁さん「自裁」に深まる謎に目が行く=産経紙読後感

日本の一般的な日本人が、凶暴性と危険性と言うことでは、日本共産党を筆頭に意識し、実はその影で、その日共をへの注目を隠れ蓑にして、人権派、自由主義を表面に押し出し、実は行動は暴力的で殺人すら異問わない極左暴力性と秘密性、陰湿性をその政治行動とプロパガンダで実行してきたのが、反代々木系サヨク集団だとザックリ定義できます。 日本社会党-社民党とその支援団体、人権派市民運動、過激派、の歴史とその犯罪性を思い浮かべるだけで、定義に納得が行くはずです。
メディア

メディアの発狂か、それとも反乱?

昨年5月の安倍総理改憲見解を報じたことに端を発した、共同通信社を始めとする、左翼系新聞社による、世論調査というマジックのような数字が独り歩きし、それがやがて、内閣改造、総選挙につながっトリガートであったことで、これが今、ましても再来するのかと思うと、心中は穏やかではありません。
スポンサーリンク