西部邁

スポンサーリンク
twitter

故 西部邁 氏の自裁死で、TV会社のディレクター二名が逮捕

78歳の思想家の自裁死があまりに不自然なこと奇異な印象を持ち、この部分は的中したが、記事にはしなかった、もう一つの潜在的な推理は外れたようだ。そして。その部分をブログ発信してなかったことの用心は自己評価したいが、総合的には優良可・不可の評点では可であったようだ。
保守言論人

西部邁さん「自裁」に深まる謎に目が行く=産経紙読後感

日本の一般的な日本人が、凶暴性と危険性と言うことでは、日本共産党を筆頭に意識し、実はその影で、その日共をへの注目を隠れ蓑にして、人権派、自由主義を表面に押し出し、実は行動は暴力的で殺人すら異問わない極左暴力性と秘密性、陰湿性をその政治行動とプロパガンダで実行してきたのが、反代々木系サヨク集団だとザックリ定義できます。 日本社会党-社民党とその支援団体、人権派市民運動、過激派、の歴史とその犯罪性を思い浮かべるだけで、定義に納得が行くはずです。
スポンサーリンク