NHK

スポンサーリンク
facebook

必見・必聴/緊急&朗報、電通の赤字転落を切り口にした、渡邉哲也氏のメガトン級アピール

ネットユーザーなら、NHKの制作現場、番組編成、報道が尋常ではない状況にあるのは常識のはず。パブリックコメントを政府が募集中です。SNSでパヨクをデスるエネルギーを総務省へのパブリックコメントに反映させよう。
NHK

表現の不自由展再開報道・朝日★これは、開きなおったと理解

異常としか思えないし、さもなくば、世間に対する「居直り」「開き直り」としか見えない判断を、いつもの顔ぶれのメディアが、問題となった「表現の不自由展」を画像で紹介するの、あの使い回しの結果、少女像やらにすり替わった、画像を全面に出し、これが問題となった「表現の不自由展」を象徴するものであるといわんばかりに印象操作。これは日韓の問題では無いはずだ
NHK

背景、高市総務大臣閣下、「電波は適法通り電波を止めるべきと存じます」高雄・Kazan

朝日デジタルのトップで表示されてあのが「電波止めるといった発言したことない」高市総務相の記事、あえて直言します。背景、高市総務大臣閣下、「電波は適法通り電波を止めるべきと存じます」
katsukazan

切り込まれたNHK★この数ヶ月、ネット空間で門田隆将氏の過剰露出が顕著な理由が判った

 #日本の一部の新聞 #日本の一部のTV を非難してますが、今回は「メディアという病 ~朝日新聞・NHK編~ by 虎ノ門ニュース」で特にNHKのクローズアップ現代、時論公論です。切り込む門田隆将氏の追求は手を緩めるところがなく、緻密で相手への破壊力は巨大。
NHK

19日、史料「拝謁録」について、NHKが報道各社へ経緯公開

「拝謁録」について、国民は16日、17日、18日、19日までの四日間、NHK主導の一方的な情報受けざる得ない状況に置かれたことになる。#日本の一部の新聞  #日本の一部のTV は19日にNHKから経緯情報公開。その間国営放送は情報を独占したことは、大きな批判の対象になりえます。
NHK

テレビ・「空港ピアノ・ミネアポリス」で聞いた My way

戦争と動乱の地から亡命して、米国の旅客機のパイロットになった、クロアチア系米国人が弾くMy way の印象が、自分に迫ってきます。内戦・動乱で米国に逃れた、クロアチア人操縦士の人生が見えます。強そうなこと言って悪ぶっていますが、kazanはお歳のせいで、情緒系自律神経の失調がかなり進行しており、聴くとハマってしまいます。調子に乗って、音源編集をしてみました。
NHK

NHKが報じた近現代史二件の新史料・二・二六事件/海軍極秘資料&昭和天皇「拝謁記」

普通なら、新史料の発掘・発見は素直に喜び、NHKの快挙、特ダネとして評価したいところだが、今回は発見から発表までが全くベールに隠されている。つまり隠蔽され、NHK的に加工されて番組として登場したといえる。
NHK

NHK、製作者の顔がなかなか見えてこない「浮世の画家」

経験則では、NHKのプロデューサーやディレクターレベルの情報を検索したときに、詳細情報がヒットしないというのとても不自然な印象を持ったと言わざるを得ません。つまりこうした不自然さは、意図的に、ネットに露出しない環境に自身を置いていると言う可能性が濃厚です。
NHK

お家芸の終戦記念をターゲットにする巧妙なNHK神業

NHKワールドプレミアム放送は、この時期になるとこの手の放送を番組編成を組みます。まさか、kazanへのサービスとも思えないし、その意図はなんなのか? 戦争が古傷で情緒であるがごとく、それも払拭、贖罪すら出来ない悪として発信される手法は、陳腐すぎ。
NHK

恒例・8月にぶつけてNHKの戦争関連ドラマを見て

浮世の画家の原作者はカズオ・イシグロ。ノーベル賞作家です。いかにもNHKらしい取り組みで、NHKならではの、民放には真似の出来ない出来栄えは圧倒的。劇場で観たのであれば、それなりの評価ですが、テレビで放送となれば、話は別です。反戦ドラマは嫌いではありませんが、いかにも、夏の時期に番組編成を組むNHKのスタンスが不愉快すぎ。
スポンサーリンク