スティーブ・バノン監督の動画

CCPt中国共産党

リアルなこの映画を見て、心中穏やかならざる日本人は多いはず

ずばり、カナダ当局が逮捕拘束した孟晩舟・ファーウェイ副会長 / CFO逮捕をフィクション化した動画である。kazanが一番見せたいと思う、ご高齢のあの方が一の視聴で、理解できるかどうかは疑わしい。

考えてみれば、スティーブ・バノン監督の作品のテンポにつていいけるかどうかも疑わしい。

これは裏返すなら、このレベルの映画すら一度の視聴で理解がおぼつかない能力、機能劣化の政治家が、選挙区の支援者によって永田町1-1-7に送り出されている現実に恐怖感を覚える。

このリンクは映画の副読本のまえがき

「私は自殺しない」2019年12月1日のある自殺を知り、容疑者が言った
CCPと濃密な関係のあった中国人の不審死があまりにも多い。人口が日本15倍、米国4倍としても多過ぎの印象が強いが故に、陰謀的な見方も払拭できない。その多くは、それ以外の選択肢が無かったような結末に尋常でないものを感じる。それも圧倒的に中国国外で起きている。それは、中国国内であれば、露見することもなく、CCP流の公安ある...

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました