中国武漢ウィルス 検索で使用したキーワード& キーフレーズ、hitした人名、団体キーワード 2020年1月24日~4月

武漢ウィルス

あと一週間もすれば、このテーマを検索し続けて3ヶ月になる。 メモ、ノートに走り書きしたものを、ザックリ整理

「武漢海鮮市場」「新型コロナウィルス」「武漢市ロックダウン」

「食用野生動物取引」「医療崩壊状態」「外来で混乱する院内」

「全土が外出禁止」「中国政府 隠蔽」

「邦人の引き上げ」「隠蔽を告発した医師の感染と死亡」

「人民解放軍六軍種軍武漢派遣」「監察軍」「細菌兵器研究ラボ」

「武漢ウィルス」「ウィルス遺伝子」「ウィルス遺伝子操作」

「ウィルス遺伝子操作痕跡」

「インド医科学者」「イスラエル情報機関」「英国タブロイド紙」「ネイチャー」

「武漢ウィルス研究所」「新型コロナウィルス」」「脱出した武漢市民」

「春節の休日期間延長 中国」「パンデミック」「エンデミック」「エビデミック」

「CDC」「CSSE」「Johns Hopkinse大」「アトランタ」「2003年SARS」

「ウィルスの脅威」「米国メディア 大紀元」「新唐人」「NTD」

「湖北省武漢市 武漢肺炎 動画情報 影片」「人民武装警察部隊」

「サプライチェーンの崩壊」「専制国家崩壊」「台湾地上波の公開情報」

「水際」「「中国科学院 武漢国家生物安全研究所」」「中国科学院」

「操作生物学」「超限戦」「中国共産党」「戦略支援部隊」

「防疫マター」「ミリタリースペック」「武漢ウイルス研究所」

「バイオセーフティーレベル4」「レベル4」「P4」

「陳薇少将 チェン・ウェイ少将」「人民解放軍生物兵器研究所」

「坂東忠信氏作成武漢時系列」「2015年 科学誌ネイチャー 論文」

「石正麗」 「石正麗 亡命 フランス」「武漢水生研究所」

キーフレーズ  2020年1月24日~4月 

「突然倒れ痙攣して死亡する複数の動画」「院内待合室や通路に横たわる病人 武漢」

「中国の医師 利用するプライベートSNS投稿ボード」

「ロックダウンが中国語で封城と表記」

「封城が湖北省内の武漢市周辺都市に拡大」「湖北省から周辺の省に拡大」

「封鎖された団地の住人が発信する生活情報」

「武漢ウイルス研究所の研究員である石正麗(シー・ツェンリ)」

「おびただしい数の武漢市からの脱出者」

「人民解放軍下の生物化学兵器研究部門の最高将官の武漢派遣」

「北朝鮮の中朝国境封鎖」「人民解放軍の派遣」

「解放軍工兵隊による大掛かりで急ごしらえな病床施設建設」

「武漢から戻った市民の済む部屋のドアを溶接で封鎖」

「政府当局や官憲による強制隔離」

「封鎖された武漢海鮮市場内に潜んで生活していた家族が封鎖から逃れる動画」

「李克強総理の武漢入り」「孫春蘭副首相の視察と市民反応」

「異常事態を発信する中国のSNSユーザのコンテンツの露出」

「初動対応で隠蔽・曖昧情報発信」

「 SARS とコウモリウイルスを組み合わせる研究」

「アメリカの調査団受け入れを中国政府は拒否」

「自警団がバリゲード構築」

「人民解放軍海軍の海南島・南海艦隊に集団感染200人」

「移動用火葬車両の大量投入」「火葬場の24時間操業」

「火葬場要員のアルバイト募集」

「台湾の救援機派遣の受け入れを要請 習近平拒否」

「習近平の親衛隊的存在のロケット部隊」

リタリィイッシューの防疫マターレベルの対応

「「細菌戦」用のラボから菌が漏出(ヒューマンエラー)」

「生物化学兵器部門の最高責任者 少将」

「人民解放軍・生物化学兵器部門の最高責任者 陳薇少将」

「軍の現場に感染が拡大」

ソース元(一次、二次)及び関連人名、団体・他

「藤井厳喜」「CPAC」「林建良」「杜祖健」「河添恵子」「馬渕睦夫」

「篠原常一郎」「上念司」「百田尚樹」「水島総」「有本香」「大高未貴」「石兵」

「虎ノ門ニュース」

「福島香織」「鳴霞」「宮崎正弘」「須田慎一郎」「高橋洋一」「渡邉哲也」「江崎道朗」

「水間条項」「水間正憲」「月刊中国」「加瀬英明」「釈量子」「及川幸久」

「スティーブ・バノン」「J-CPAC」「藤井聡」「宮家邦彦」「飯田泰之」

「ニッポン放送・飯田浩司Cozy up」「文化放送・おはようてらちゃん」「新唐人・大紀元・EpochTimes」 (順不同・敬称略)

 





コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました