武漢ウィルス

memo

90日期限・大統領オーダー第二弾

EpochTimes・「時事従横」動画埋め込み。 前投稿の「遠見快評」と併せて読み解く。
武漢ウィルス

ウィルス起源調査報告期限到来・大統領オーダー

021年、5月最終週に、米国三組織の情報機関に対して出されたオーダーが90日内の報告義務を伴う「武漢ウィルス起源」を特定する調査だった。その期限が到来するのが8月27日だが、アフガン撤退での判断ミスで、ホワイトハウス、バイデンの尻に火がついたような状況、そんな中で、亡命者の身柄の保全と確保を確保している国防情報局の報告に亡命者の証言が反映されているのかどうか。。
memo

中国はとうとう3京円の精算額を意識したようだ

2020年5月1日に、当時コロナウィルス賠償金一京円越えを報じる報道を取り上げ、3京円越えも視野に入ることを予測したが、確実にその方向に向かっている。現状ではすでに3京円超えが聞かれる。目の前の3京円に群がりたい国は、多いはずだ。
memo

2021年5月下旬のVirus Origin調査関連

gooブログに集中的投稿した21年5月のサーマリ的メモ。あと3週間で、バイデンのオーダー期限がくる。米国三情報機関の報告書の内容は。。Michael McCaul が一部をリークしたのかも知れない。いずれにせよ、亡命した中国・国家安全部・副部長のDong Jingweiの提供情報が出発点だ。
memo

Virus Origin Investigation Report by President Biden Order Within 90 Days

国防情報局、CIA, FBIあたりの三部署の諜報、情報関係部署にオーダーしたのが バイデン大統領によるウイルス起源調査 90日以内報告オーダー。報告書が出た。大紀元USAが報じた。翻訳文埋め込み
武漢ウィルス

削除されるリスクが排除できないコンテンツなので。。

鳴霞編集長の発信・動画コンテンツと大紀元のコンテンツ。半年前なら、シェア投稿してもすぐに削除確実レベルの内容。それでも、要点を文字起こしするまでの備忘録として、web空間にのアップ。
武漢ウィルス

中共ウィルスの生物兵器説が復数から再燃してきた

ウィルスの人為的遺伝子操作による人工製説は、2020年初頭よりあった。一年経過後、ウィルスの生物兵器説が至るところから出てきている。その情報をメディアとして取り上げているのは、大紀元・新唐人で、その発信力は、同メディアの信頼性が増し続ける時系列と足並みを揃えるかのように、具体性を濃厚にしている。
武漢ウィルス

大紀元 2000年 ニューヨークで設立

大紀元とその関連グループが発信されるコンテンツは、youtube上で削除されない現実をどう理解するか?小欄は、あの利用規約違反でBanが日常的に行われるfacebookやyoutubeの空間にあって、このグループのコンテンツは削除されたことをほとんど記憶しておりません。ということは。。事実であり、有効であり、さらには、youtubeの運営者であるGoogleと特殊な関係があるかも知れない。
安倍政権

緊急事態宣言の解除基準を満たす、10万人あたり0.5人の感染者数

解ったようで見えない、10万人の0.5人の数字をざっくり調べてみた。。
CCPt中国共産党

CCPの国防動員法で米国企業・3Mは国有化された

これが中国共産党・CCPの素顔で実態。結果、世界中は医療資材不足に陥り、中国を発症源とする武漢ウィルスの感染症パンデミック対応する医療現場の資材困窮の原因を作り出した。国防動員法は、中国進出の海外企業の生産品すら輸出を止めて製品を中国国内に集中させた。
タイトルとURLをコピーしました