メモ

ウィルス、生物化学がminorでないビルゲイツが2014年にTEDで「コロナウィルス」と「ウィルスによるパンデミック」を近未来のリスクとして取り上げた→ TED

この報道を当時知った時、ビル・ゲイツ財団がウィルス研究とワクチン開発との利益相関に近い印象を持った記憶がある。

その2014年前後に、オバマ大統領が米国内でのコロナウィルス研究を禁止する一方、Dr.ファウチを通じて中国への委託研究に切り替えた。

直近の情報で、英国人科学者で、latest に実行された、WHOによる武漢現地調査団の英国サイドの調査メンバーとして、登場し紹介されたが、彼は、武漢ウィルス研究所とは濃密な関係が指摘されており、さらにそこそこ著名な科学論文誌の主要関係者で、武漢ウィルス研究所擁護の論文を掲載した。

尚、彼がこの経済誌の編集長的ポストであることも確認・紹介されている。

この一連の人脈ネットワークから、「ウィルス研究ネットワーク」 「そのネットワークを背景にしたエリートビジネスマンネットワーク」と、シアトル・ビル・ゲイツラインと、シリコンバレーネットワークが見えてきそうな印象があり、このネットワークが米国DSのフロント部隊として米国大統領選で左翼メディア、金融資本を主導あるいは誘導したような構図が見えてくる。

これが縦軸、横軸そしてレイヤーで重なる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました