調べてみた

memo

米中軍事力の比較・海軍航空兵力

今さら、米中の海軍力比較はかなり陳腐でマイナーなジャンルながら、知っていることでのメリットからとり上げた。
memo

相互確証破壊

相互確証破壊能力を持たない日本はそのまま核保有国からの口撃に対して、自国の安全保障と生存権の行使としての術をほとんど保持してい。あるとすれば、日米安全保障だけだ。その同盟国が、国内の事情でブレた時、そのリスクを担保する仕組みが現実にあるのか。同盟国は2020年の大統領選で、不確実性と不安定性を露呈した。
memo

大統領令9066号 1942年2月下旬

大統領令9066号 1942年2月下旬で日系米国人の強制収容が始まり、同年12月真珠湾奇襲攻撃があった。日中戦争戦線にはクレア・リー・シェンノートが、米陸軍航空隊員を中心に編成された航空隊義勇軍であるフライングタイガースが日本空軍機と空中戦をしてる。
memo

陸自与那嶺駐屯地ミサイル・電子戦部隊配置

日本のサイバー部隊の数は、中国、ロシア、米国と比べる圧倒的に少数だ。それでも、近未来の対中国戦をターゲットに、促成配置可能な対応は、即戦対応として、かろうじて評価はできるが、これは安全で安心にはほど遠い編成だ。ミサイル防衛に関するジャイブ技術であれば、あるいは、国際水準並を維持し得るかも知れない。
memo

gooよ、お前もか?自分のgooブログ内検索でヒットしないキワード

一帯一路の債務の罠にハメられた国々にとって、うまくすれば、債務がチャラになり、さらに、差額の賠償金が目の前にぶら下げられのですから、そのような状況の時、彼らの思考と行動は定石とおりだろう。そうなれば、二京円だってすぐに三京円にだってなり得る。そうなれば、中国以外の国ではバブル経済が出現だ
調べてみた

中国の私的経済の原点と全体経済の仕組み&背景・メモ

ブラックホールに吸い込まれるディープステートのマネーの背景を考察。国共産党は、いわば国家利権のホールディング会社、これが裏の顔だ。赤い熨斗袋にいれた500元、1,000元が後に何億に化ける。 それが産軍学+国家経済が組み合うことで実現する。
memo

解放軍の軍旗にある 八一 の意味・由来が初めて判明

中国共産党の原型が1927ね年に蜂起した武装蜂起した南昌蜂起とも南昌暴動言われるのが8月1日にあったという解説からメモリアル・デーというククリで、あるいはと思い、動画止めて、ググった軍旗の画像には八一があった。中国流では天安門事件は「六四」「六四天安門」「六四事件」というい呼称を用いるのと同じ論理
memo

2021年5月12日 もぎせかチャンネル視聴メモ

youtubewp視聴してもあまりコメントは入れないタイプですが、もぎせかチャンネルの世界史講義を視聴した時には思わず、コメントを入れました。世界史の各ステージを理解しやすいように、記憶が正しければ200かあるいは400程度のユニットにして、その中での歴史を語り部の様に一本の太線で話す手法は、ヒストリーテーラーを語源にする history そのものを彷彿させてくれる。
memo

今度は米国/大紀元US・薇羽キャスターが激白・ディプステート

馬淵睦夫氏が発信した二編の動画と重ねるとディープステートの本質と歴史の6割が見えてくる。すべて当該ページに埋め込み済。
未分類

ディープステート

ディープステート。感覚では判るようで、それでいて、踏み込んだ世界が見えないターゲットを、馬渕睦夫氏が連作のコンテンツで語る、米国政治から見えるディプステートの決定版。発信者は、米国大統領選後を予見し、的中した。
タイトルとURLをコピーしました